2020年11月03日

終了予告

11月ですね。
2020年もあと2ヶ月です。
始まって早々にメチャクチャになった1年が、何も収まらないまま終わりに近づいています。
このまま来年もこんな調子で行くのかもしれない、その可能性が大きくなっていますね。





そんな11月が始まったのと同じくして、うちのウェブサイトをリニューアルしました。
以前からやってきたけど、さらにシンプルにすっきりとさせたかったんです。
今回は色々な物をそぎ落としてかなり軽くなりました、これで気分もすっきりです!
ロゴとかデザインも作り変えて、見た目も気持ちも新たにして、これが最終形態です。
いるかゅの最後の姿、これでゴールまで突っ走ります。
今度こそ終演を目指して、ここが終わりの始まりですね。

ようやく終わらせられそうです。
というよりも、今まで終わらせられずにいた事がおかしいんですけどね。
難聴になった後の2012年頃にラストスパートだって言っていたくせに、途中で立ち止まったし。
でもあの時はどうしても気持ちが切り替えられなかったんです。





まったく聞こえなくなって、そのまま治らなかった片耳。
もう治る事は無いだろう、治療方法はもう無い。
だけど少しでも良くなる可能性が無いとも限らない。
たしかにその通りですよね、絶対と言いきれる事は無い。
良くなる事を望まないなんてありえないでしょう。
終わらせた後になって良くなったら、やり残した物に後悔するでしょう。
終わらせるという事は、もう耳は絶対に治らないと認めるような物なんです。
これって戦国武将だったら負けを悟って自害する所ですよ。
そうは言っても、有効な手段があるわけでも無いし、いつどうなるかもわからない。
結局は、無いと証明できないからあるかもしれないってだけ。
そんなひどく頼りない話で諦めがつかなかった。





このブログを見ると、2019年の10月の終わりに残っていますけど。
あの頃に、難聴になって10年が過ぎたのに気が付いたんですね。
それまでだっていちいち数えていたりなんてしませんし、何年なんてまったく気にしていなかったというかどうでもよかったけど、さすがに10年は「おっ?」って気持ちになりますね。
それで「10年、もういいでしょ」そう思いました。

今まで何も変わらなかった、これからも変わらないだろう。
そう考えてもいい気がしました。
もちろん絶対なんてありません、この後に良くなる可能性も、やっぱり変わらない可能性も、どちらも存在します。
だからと言っていつまでもこうしてられないんですよ、だってこのまま200年も待ってられない。
今の状態は、何も決断しないで先送りにしているだけなんです。

だったら、振り切るひとつのタイミングとして10年はちょうどいいじゃない。
ここから最後の1年にしよう。
そう決めて、2019年の終わりから今年にかけて過ごしてきました。

まあ正直言えば、それで物凄く音楽に力を入れていたなんて事もありませんが。
そう決めたからってアイディアが浮かんでくるわけでもなく、普段の生活だってあるし、どれもこれも遅々として進まずにここまできて、もう今年もそんなに残ってないよと焦ってます。
でもやりたい事は決まってます。
どの曲をやるかはもう揺るがない、けど間に合うか微妙w





そんな調子でやっていた難聴10周年スペシャル企画。
こういうのって有名な人だったらファイナルツアーとか引退試合とかって華々しくやるものでしょうけども。
私の場合は完全に終活だよ、もしくは自分の葬式企画してるみたいなねw
何も出てこないまま終わるかもしれなかったから黙ってたけど。
どうやら少しだけ、何かありそうです。
posted by ゆう at 22:58| 雑記