2012年07月03日

狂ったステレオの世界#7

第七回、検査いろいろ

他に入院中にやったことといえば、どれだけ回復してるかみるのに聴力検査を結構な数やったなと。

入院してるので病室で待ってれば良いのが超楽だった!
待合室で待つことがほぼ無し。
行って、やって、帰る!
まぁ正直、劇的な回復なんてありはせず、何度やってもあまり楽しくない・・・
少しだけなら戻ったけど、聞こえるというレベルではなくかろうじて知覚できる程度。
もっとはっきりと回復があったらさぞかし楽しかったろうな〜。

検査といえば、なんとMRIにも入った!
腫瘍や血栓とか頭の中に異常が無いかを調べる。
そういうもので神経や血管がおかしくなっていて難聴の症状が出ている場合もあるから。
これも同意書があった。
いわゆる「閉所恐怖症の人は先に言ってね」とかいろいろと注意事項などもある。

こんなものにまで入るなんて考えもしなかったな本当に・・・
MRIのある部屋は中も外も巨大な機械の塊があったね。
他にも大規模な検査の装置がいろいろ集中してるからそれはそうだ、でも病院のイメージとはだいぶ違う世界になっていた。

で、MRIの部屋に入る。
いやぁ〜、目の前に来ると得体の知れない機械だコイツ(笑)
「目は閉じといてあまり動かさないでね」と言われ、台に乗って出棺(オイッ)
逝ってきま〜す!(オイッ!)
入ってみるとガチャガチャピーピーと思いのほかうるさい。
頭部だけのMRIといっても結構な時間かかった。
20分くらいだったかも?

入院してると結果がわかるのも早いもので、その日の夕方には異常無しと言われた。
だけど、それはつまり改めて原因がわかりませんでしたというコトなんだよね。
良かったのか悪かったのか・・・


そういえば入院に何度かひどいめまいがあった。
突発性難聴にはそういう症状が出る場合があるといわれていて、発症直後には無かったけどきたらきたでそれはもうひどいのなんの・・・

立つなんて不可能、座るのもムリ!
寝てないとどっちに倒れるかわからない。
目を閉じてないと視界が回っておかしくなる。
それはもう凄かった!
まぁ2,3日でひどいのはなくなったので良かったけど。
転んだりして二次災害を起こす可能性があり危険なので気を付けないといけない。
posted by ゆう at 22:49| Comment(0) | 難聴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: