2019年03月09日

動画の公開を辞めた理由

「平成最後の〜」なんて文句があちこちで聞かれたここ最近。
ひとつの時代が終わるという事であり、長い時間が過ぎたんですね。
そんな、時間の流れを感じて、ふと思い出したのが。

そういえば、ウチの音楽プロジェクトも結構な時間が過ぎたはずだな〜と。

んで、見てみれば、サイトの運営を始めてから今年で11年になってます。
とっくに10周年が終わってたという。
去年の同じ頃に、このブログ更新したんだけど、その時まったく気が付かなかった。
去年の時点で10年経ったコトに本気で気が付いていなかったのがもうモチベーションの無さをものがたっている。
せっかくなら10周年で何かやればいいのにって思いそうな物なのに、気が付きもしなかったなんてね。
今になってポカーンとしたw

それでも、音楽が嫌いになったわけではない。
やっぱり音楽は楽しい!
30分くらい過ぎたかなと思うと、1時間飛んでいたりする。
どうすれば良いのか考えて研究して新しいコトが分かって行く、凄く楽しい。

まあ片方耳が聞こえなかったら、それでどんな物ができるのかわからないので意味無いけど。
音楽自体は楽しいからいつもやってるけど、プロジェクトとして作品を出すには音源作りができないから楽しくない。

例えば、自分で味がわからないのに料理を作って人に出すなんて無責任でしょう?
それに、人に出すなら良い物にしたいし。
「人に料理を作ってあげたい、食べてもらいたい」
そう思うのに、料理を作れないって辛い事だと思いませんか?





それに動画を出す事も楽しくないんですよ。
だから個人サイトで音源だけ公開すればいいやってなった。
なぜ私が動画を投稿するのを辞めたかっていえばそこです。

ネットの世界って、なにかと批判や否定ばかりが集まってくる。
動画を投稿してみれば、そんなコメントが必ず付く。
動画に限らない、ブログでも他のSNSでも何でもかんでも、自分の気に入らない意見や内容にやたらと攻撃的なコメントをしていく人が多すぎる。
しかも反論から議論を始めるわけでも無く、ただ言いたい事を言っていくだけ。
まるで通り魔だよ。

もちろん好意的なコメントもあるけど、それだけじゃない。
改善点の指摘ならまだしも、わざわざ文句言うだけなんて不毛な物も付いてくる。
何の生産性も無い中傷をもらう、そんなのおもしろくない。

ニコニコ動画に投稿するのって、そういう事でした。
それで気が付いた、これ2ちゃんでスレ立てるのと同じ事なんだって。
誰だかわからない人が無意味なコメントをしてばかり。
私の動画がそういう事になっていたのはもちろん不愉快だけど。
自分の物に限らないです、こういう物はネットのあらゆる所で見かける。
他の人の作品を見てもくだらないつまらない、
SNSで話をすれば何言ってるんだこいつ大丈夫か、
質問コーナーで素人丸出しの聞き方をすればヒントも教えず出直して来い、
そういうの、見ていて不愉快でしょう。

どうしてそんなに他人にきつく噛みつきたがるの?
人を嫌な気持ちにさせないと気がすまないの?
自分と違うものを認める事がそんなに怖いの?

あなたは言いたい事だけ言いまくって他人をさんざんに痛めつけて、自分には何のダメージも無い。
そりゃ愉快で仕方ないでしょうよ。
でもね、言われた方も、それを見ている方も、まったくおもしろくないよ。

気に入らないならさっさと他所行けばいいじゃない。
黙って自分の居心地の良い場所に行って好きなだけ楽しんでいればいい。
そういうものじゃありませんか?

こういう人って。
本屋で偶然手に取った本がつまらなかったら店員に「こんなくだらない本を置いてるこの店は最悪だ」って言うんでしょうか?
ラーメン屋に入って好みに合わない味だったら店員に「まずいぞふざけるな」って言うんでしょうか?
自分から足を踏み入れておいて、個人的な嗜好に合わないと他人を悪く言う。
ひどく身勝手なふるまいで、おまけにその責任は全部他人のせいにする。
やってる事はそういう事ですよね。





こういう所がもう無理なんですよ。
「ネットってそういうものだから」で済ませて良いのでしょうか?
「それに応じた付き合い方をすればいい」で済ませて良いのでしょうか?
どっちが非常識?
態度を改めるべきはどっちかなんて明白じゃないでしょうか?
わざわざこっちが我慢してやらなきゃいけない理由って何?

だから、私は我慢してあげません!
そういう人がのさばってるなら、そこには近づきません。
そこじゃなきゃだめで他に代わりが無いワケでもあるまいし。
自分で居場所を開拓してそこで自由気ままにやって行きますよ。
そう思ったのがどれくらい前だっけ?
どの曲からニコニコにアップしてないっけっか、忘れたw
ってワケで、それ以来自作曲の投稿をしていません。
短い宣伝動画だけですね。

結局のところ、作品は誰にも知られなかったら意味が無いですからね。
私は偶然通りがかった人がちょっと聞いてくれればそれで良いってスタンスだけど。
でも、この広大なネットの世界で、まったく誰もここを通りがからない可能性は大きいです。
だからいちおう宣伝だけはしておこうとね。
それくらいの物だったら、汚されてもまあ我慢しよう。





以前に、サイトにある曲の歌詞を公開しようかなって考えはあるって言いました。
それがちっとも実行されない理由がこれ。
たとえコメント禁止にして、なにひとつ良い事も悪い事も言われないような状態にしても、気分は良くないだろうね。
あの動画サイトがそういう人のいる場所だという事がもう不愉快、近寄りたいとも思わない。

でも、そのうち投稿する気ではいます。
それは絶対。
ヒマがあって気が向いたら作る。
そして息を止めて嫌いな物を一気に食べるような気分で、ぱっと放り込んでハイさようならします。
待ってる人がいるかは知らないけど、お互い気長に行きましょうw
posted by ゆう at 00:15| 雑記

2018年03月23日

たくさんの時間が過ぎました

何年ぶりでしょう?
ここで話をするのは。
ウェブサイトの方をリニューアルしたのと合わせて少し現状を記しておこうかなと。



色々とデータを整理していたら、数年放置だったサイトの存在を思い出して。
正確には、忘れたワケでは無いけど、手を付ける気にならずに放置していたんですね。
それで、久しぶりに改めて見てみたら・・・。
良く分かってないなりに勉強しながら作った物だから、あちこち変な所もあるし、要らない部分もあるし。
それらを整理したかった、とにかくシンプルにしたかった。
その方が、忘れた頃に見てもワケわからなくて困ることも無いからw

それに、放置してる間に規格とかブラウザとか色々と新しくなってるし、古くなって対応できてない部分もあるかもしれないし。
なので、あれこれとチェックついでに直しました。



さらに、プロジェクト名も変えました。

これも、いつかやりたいと思ってたことです。
こういう物はそうそう変更するべきでは無いと思うけど。
でも、やっぱりこれもシンプルにしたかったんですね。

あとは、「変な名前w」とか言われるのってムカつくじゃん?
っていうのも大きい。
以前はそれがあったし、やっぱり軽くイラっと来る。
まあ変えた後も変な名前だけどw

それと、旧名の頃と今・・・というか難聴になってからですね。
そこを境に、色々と変わってしまったから、区別したいというのも理由。
そういう時に改名って良い方法ですよね。

それなら数年前に改名しておくべきだったとも思うけど。
タイミングが無かった。
単に改名するだけだと意味が薄くなっちゃう。
そこで、サイトを作り変えたり、一気にまとめて改変しようとなって、今回の更新になりました。



なんというか。
改名、サイトリニューアル、ブログで近況報告、と来れば。
いかにも「活動再開」みたいな流れかもしれませんが・・・。

「それは無い!」

と、断言します。



やっぱりね、耳が聞こえなくなったから、もうね。
音源作りが、ミックスができないんです。
私にとっては、これが最大の活動理由なので。
これができなければ、楽しくありません、やる気になりません。
そんな状態でも演奏はできるから、楽器で遊んだりはしていられる。
それなら曲を作ることもできるけど。

私にとって、曲はただの『副産物』です。
音源作りが自分のやりたいことだから、それができなければ意味無いんです。

私はミュージシャンを目指したことなんて一度も無い。
サウンドエンジニアがやりたかっただけ。

そんな状態で、まともに耳が聞こえないヤツがへたくそな曲を出さなくても、他に良い曲はたくさんある。
優れた作品を作る有能な音楽人がたくさんいる、無名な有象無象ひとつが潰れても誰も困らない。

これは、卑屈になってるとか言うことではありません。
単純に、客観的に自分を分析してそう判断できるからです。
っていうか、今更卑屈になれる程の感情も残っちゃいませんしw
どうにもならないことは、とっくに受け入れたしねぇ。
何をしてもお金がムダになるだけでした。



以前に自分を見ながら書いた歌。
その中にある一節。
今となっては。

まさしく私が『がらくた』そのものです。
壊れた、修復不能、使い物にならないとか、がらくた以外の何だと言うのかw

そんなわけで、ブログも改名しました。
がらくたの山の中に埋もれてる私が、ぼけ〜っと空でも眺めながら不毛な話をする場所。
それくらいの気分でやるのが、ちょうど良いんです。

あれから何年も過ぎた今。
今回のことで、久しぶりにこのプロジェクトを眺めても、何の感慨もありませんでした。
本当に、たくさんの時間が過ぎましたね。
初音ミクのVocaloid3版を買って、未開封のまま気が付けばVocaloid4エンジンが登場してたりとか。
だって使う機会無かったんだもの、耳聞こえないし。
さすがに開けてもいないままですっかり忘れてたのには呆れたけど。

まあ、もはやその程度の気持ちなんですよ。
今でも、曲を作って、録音して、音源作りに挑戦することはあります。
やっぱり音楽に触れるのは楽しいと思いつつ、どうにもならない楽しめない物もあり。
楽しいのか、楽しく無いのか、いったいどっちなんでしょう?
胸の内は複雑です。



だから、作ってる曲も、公開する予定は、今のところは無いです。

でも、すでに出してしまった曲で歌詞のテキストを公開してなかった物もあるし。
それくらいは、最後に公開しても良いかなとも思ってます。
って言っても、やる気になるかは分かりませんけど。

応援が欲しいわけじゃない。
協力が欲しいわけでもない。
ただ、自分のペースで、やりたい時に、やりたいだけ、やりたいことをする。

それが、『いるかゅ』です。
posted by ゆう at 14:12| Comment(0) | 雑記

2013年01月11日

超マイペース!

何やらいろいろと片付かないまま年を越してしまったな〜と。
片付かないというより、もっと散らかっている・・・

去年で出すもの出してひと段落つけるつもりだったのに。
仕方ないので今年こそ残されたものをちゃんと形にしてやろうと思う。

別にこのままでもいいかもしれないけど、自然消滅とかやりっぱなしは気に入らないので。

時間とタイミングがうまく合わないのもそうだけど、そもそも創るのに時間がかかるのねやっぱり。
特に詞はかなりの時間を要する。
そう、この詞についてどうしようか考えてるんだった。


問題は『歌詞カードの公開』のコト。

古い作品はともかく、動画を作ってない曲は歌詞の表示をしていない。
やっぱり出すべきかな・・・
正直あまり重要とは思っていない。
だから気が乗らないの。

そもそもの持論が『なんて言ってるのか解らない歌なら歌う意味が無い』なので。
ポップシーンでよくある、無茶な高域でひ〜ひ〜歌ってるものとか趣味じゃないんだよね。
そういうのは別の楽器にまかせろよと。
ヴォーカルはメロディを歌うのと一緒に意味のある言葉を伝えるのが重要な仕事だ。

だからウチでは言葉がわかるヴォーカルを作ってるつもりだ。
そうすっと、『聴けば解るだろ?』で済ませたくなってしまう。
聞こえたように解釈してくれればいいよ、なんて。
クリエイターは解説者じゃないから。


いっぽうで、『作品の立派な一部である詞もちゃんと届けるべきだろう』という考えも捨てきれない。
そうすると、どうやって詞の表記をするかで凝りだしてしまう。
例えば、アルバムは曲は当然として、ジャケット画像もブックレットのデザインも全部含めてひとつの作品だと思っている。
なのでウェブのページに無造作にテキストだけ載せるなんてアホ過ぎる真似はありえない。

で〜結局、公開の手法は考えている。
けど、実行に移す気はまだない。
そのまえに曲作りきらないとね!
そっちのほうが重要!


まぁ見せびらかしたい人は歌詞を乗っけて、その解説までやり始めるんだろうけど。
ウチは作りたいだけだからねぇ。
変わり者と言われても否定できんな。

昔はもっとまともにやってたけど、そういうものだと思ってたから。
でもなんかつまらないんだもんね。
ニコニコ動画で動画の説明文とかあってさ〜、すげ〜面倒くさいの。


趣味なんだから、自由に行くよ。
posted by ゆう at 23:29| Comment(0) | 雑記