2012年06月19日

狂ったステレオの世界#5

第五回、突撃レポート手術室!

さぁ手術室へ行きます。
準備は何も無し!
本当に素のままで入れるなんてなかなか無いんじゃない?

呼ばれて病室出て行くだけでま〜テンションあがるあがる!
何しろ医療技術の頂点にある最強装備が集結してる場所だから。
扉ひとつくぐって「あ〜ドラマとかでよく待ってる場所だなここ」とか思いながら広くて狭い通路をぐんぐん進んで手術台へ。

部屋に入るとラジカセで音楽流してました。
あ〜これは良い手だなと思った。
やっぱり手術室ってだけで怖がったり緊張したりする人もいるだろうし、そういうものを和らげるには有効だろうなって。
でもゆるい空気の流れるこの隣の部屋では集中して腹掻っ捌いてたりするんだろ〜か・・・

さて、いよいよ神経ブロックです。
麻酔一本うつだけと言えば簡単そうだけど、わざわざ手術室。
その理由はというと・・・
この麻酔が『キシロカイン』といって、薬によくあるショック症状が出てしまう人がいるので油断できないというワケ。
だから手術室、しっかり血圧とかもモニターしながらなのでいろいろ身体にくっつけて麻酔をうつ。
首を上向きに伸ばして待機なのでなかなか辛い体勢。

この注射一本に医師の技量の差がビックリするほど現れる!
こういう場は若い人の実地訓練を兼ねているもので、まだ経験の少ない人も実践をするんだけど、すべてが全然違うのね〜やっぱり。
やられるほうは結構アレですけどね・・・

そんなこんなで注射が終わっても様子を見るために30〜40分くらいは手術台で寝たまま。
身体に異常が出ないかチェックしつつじ〜っとしてるのでさすがに暇。
ある程度時間が過ぎれば終了で、最初は看護師についてもらって戻るんだけど、それ以降は一人で戻ってもOK!
でも、ぼ〜っとする感覚が数時間残るし、薬が下に流れると肩周りがしびれたりするのでさすがに麻酔が効いている時は安静にしてよう。

何より首にうつから喉がしびれるので、困るのは声が出にくいとか物が飲み込みにくいところ。
だから麻酔が抜けるまで食事は摂らないようにする。
手術室だって忙しいだろうに、(老人の白内障の手術とか白内障の手術とか・・・)そんな合間をぬってこっちの処置もやっているので毎日いつ呼ばれるかわからないけど、うまくスケジュールを組んでもらえたようで、だいたい食事の時間にモロぶつかるようなことはなかった。

こうして入院中は点滴と注射をやりながら安静にして1日過ぎていく。
正直暇なんだけど、病院の色々なものを知る機会も結構あったな〜。
posted by ゆう at 23:47| Comment(0) | 難聴

2012年06月12日

狂ったステレオの世界#4

第四回、一本打っとく?

あ〜病院のベッドの寝心地が悪いもんだから嫌でも早起きになるけれど、長い1日が点滴だけでは暇すぎる!
だが安心しよう(謎)、入院してるともうひとつできる処置がある。

それは星状神経ブロック注射
注射嫌いですか?まぁ聞いてくださいな。
注射と言いつつ実は麻酔なので、これは麻酔科の先生が処置をします。
病院によっては医師がいない等の理由でやらない場合もある。
(他所に処置に行くコトも稀にあるんだって!)

だから麻酔科の先生が説明に来た。
どういうコトをするかというと、『首に注射で麻酔を流し込み、首を通っている神経を麻痺させて血管を広げて血行を良くする』というもの。
首周りが麻痺するので嚥下障害が起こるし、下手をすれば首の神経を傷つけてしまう等のリスクがある。
多少緊張感が必要な処置になるので説明の時点で「仰向けに寝て動かないで、首のこの辺に注射を打ちます」というリハーサルまでしてくれた。

これは確か処置を受ける前に同意書にサインした気がする。
「怖いから嫌だっ!」って処置を断る人もいるそうだ。
まぁでも治したいならなんでもやらないとね、私は完治絶望な超重症だからなおさら。
もちろんお願いしますとも!

「すぐやるんですか?」
「いや、手術室でやります」
「何ぃっ!?」
なんて贅沢なんでしょう!
たかが注射1本打つのに手術室!
だけど、そこまでするというコトがこのブロック注射がどういうものかを物語っている。
打つのも看護師ではなく医師。
インフルエンザのワクチンとは次元が違うのですよ。
しかしまさか耳が聞こえないだけで、食う寝る遊ぶは普通にできる身体で手術室まで入れるとは・・・

その場は、
「手術室は土日は開いてないので月曜日から始めましょう」
というコトでお開きになった。(説明を受けたのは金曜日だった)

救急を除いて入院患者の手術は土日は行わないそうだ。
「病気怪我に土日も関係ないだろ!」と思うかも知れないけど、医者は実はかなり忙しいからフル稼働なんてできないんだろうね。
それは入院していて凄く実感したっつうか、正直「いつ休んでいるんだろう?」と思う程だった。
看護師も同じだね。
今日は昼にいたと思った人が別の日には夜にいたり。生活のリズムが狂うだろ〜な〜。
タフだよね、みんな。

そんなワケで暇で死にそうな土日を過ごして、いよいよ月曜日!
注射1本とはいえ、生涯で初の手術室に入る日がやってくる!
posted by ゆう at 21:15| Comment(0) | 難聴

2012年06月05日

狂ったステレオの世界#3

第三回、病院でお泊り会!

さて入院というコトでまずは色々と検査をする。
大したことは無い採血とかだけど、結構サンプルとられたりして驚いたっけ。
で、病室のベッドを手配してもらう間に、病院で寝泊りだってからには財布だけというワケにもいかずひとまず着替えやらを取りに帰り・・・

そして病院に戻っていよいよ入院開始という頃にはすでに夕方。
病室ですぐにできる処置としてさっそく点滴を始める。
その最中に入院スケジュールを教えられたけど、「長いけど2週間で」と言われた。
率直にそれって長いの?って思ったけど、思い出してみると自分が居る間に何人も入退院して行ったねぇ。
あ〜長かったんだなぁ・・・
(入院期間は病院によりけりで、だいたい1〜2週間みたい)

長いと言えばこの点滴も長い!
3時間くらいつながれっぱなし!
じゃあこのまま点滴の話をしよう。

突発性難聴の処置でまずやるのはステロイドの点滴。
これはウイルスなんかが原因ならステロイドの強力な殺菌効果で回復させようというコトなんだって。
厳密には副腎皮質ステロイドの漸減療法と言って一緒に生理食塩水やビタミンBを入れるけど、もっぱらステロイドと言う。
この薬は消化器官に負担がかかるので、胃薬を併用する。
だから私の食事のトレイには胃薬が一緒にのってた(笑)
なんとテレビCMでも名を聞くような胃薬だった。
実はコレだけなら通院で済ますことも可能。
さらに飲み薬で済ますコトもできるけど、効果は当然落ちる。

ステロイドは強い薬で、依存症になることもあるらしい。
だからステロイドを使ったことを病歴に入れておかないとならず、以後はうっかり使えないみたい。

そんな薬を2週間使い続けるコトになる。
なので点滴針を腕に刺したままにすることもできる。
針にキャップをつけて血を止めて2,3日刺したままにできるんだって!
こわっ!!
もちろん毎日点滴中だけ針を刺すことも可能。
私はこっちにした。
刺しっぱなしだとやっぱり違和感があって、うっかり圧迫すると痛いし。
でも、毎日抜き差しとなると両腕を使っても痕が消えきらないから最後は凄いことになってた・・・
もうあの腕で渋谷の路地裏で職質されたら確実に冤罪でとっ捕まる!!
そんな有様だった(笑)

だから何人もの看護師さんに針をうたれたんだけど、人によって腕が全然違うのがびっくりだったな〜。
うまい、へたの差が激しい。
「個人差は同然あるだろ」なんてレベルじゃなく。

これは点滴に限らないけど、それはまた次回で〜。
posted by ゆう at 22:44| Comment(0) | 難聴